渡嘉敷

グシク(あねき御獄)
グシク(あねき御獄)

渡嘉敷島の玄関・グスク島

渡嘉敷では、グシク(城)といえば、渡嘉敷港になっている入江の東にある東西、南北とも約300m、高さ116mの円すい形の岩山のグスク島(城山)をさします。この島は、渡嘉敷港のすぐ北の儀津(ギズ)岬から500mほど南東にはりだした珊瑚礁の先端にあります。

この島も北側をのぞき、50から100mほどの荒い岩肌のがけに囲まれており頂上に登る道はありません。グシクの頂上には、100坪ほどの平地があります。

この御獄(うたき)は、始祖が居住したという御獄のひとつで、雨ごいを行う頂上の平坦地には、水をたたえた池もあり、人の暮らす水には不自由しない場所でした。このグシク島は、北御獄でのべたように、渡嘉敷村の始まりのころにここにも人が住み、このグシク島からクミチジ山に筏で渡り、北御獄、里に住む人達とさまざまなことを相談したと伝えられています。

また、8月10日に島の安全を願うシマウガンの由来として、昔ウランダ船が渡嘉敷の港に入ろうとすると、イジリマジラシという力持ちがこのグシクに上がり、頂上から大きい石を転がして船が入るのを防ぎ、そのためウランダ船は渡嘉敷港に入ることが出来ず、撃退されたという伝説もあります。

その他の一覧